上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 夕方4時。600回転で当たりなしの「春のワルツ」が空いていました。

 角台です。

 このホールは初めてで、傾向も分からなかったのですが、角台だし、「春のワルツ」はまだ打ったことがなく、一度打ちたかったため、ゆっくり座って5000円くらい様子を見るか思い、打ち始めました。

 投資4000円目。

 演出は、初打ちということもありよく分からなかったのですが、気付くと2R確変に当選していました。

 その後、続けて2R確変に当たり、これは次は通常大当たりで1セットで終了かと思っていました。

 しかし、その後確変で当たり、最終的には7連チャンしました。


 その後、1箱のまれ、やめるかどうか少し考えましたが、もう少しやるかと思い、そのまま打ち続けました。

 そして、280回転目。

 通常大当たりに当たりました。

 これはそのまま終了しましたが、時短終了後の114回転目、また、通常大当たりに当たりました。

 そして、結局これもそのまま終了したのですが、今度は時短中に引き戻しました。これが3連チャンし、終了。


 その後は、時短も終了し、今度は1箱飲まれたらやめるかと考えていると、140回転目に通常大当たりで当たりました。

 そしてこれが時短中の3回転目、確変大当たりで引き戻ししました。

 その後は連チャンに次ぐ連チャンと、時短中になっても引き戻すといった感じで、結局13連チャンし、その後の時短中に閉店時間の10時となり、強制終了となりました。

 結局最終的には、大当たり30回で、その内2R確変5回、ドル箱計22箱を獲得し、33851玉を換金しました。

 ここは3円交換のホールだったらしく、10万2500円になったため、最終的には98500円の勝ちとなりました。

 また、大当たり中のラウンド中の「春のワルツ」の話も、計25回の大当たりだったため、第1話から第20話後編の最終話まですべて見ることが出来ました。




 ここ何回かはパチンコで打っても打ってもまったく当たりがこなかったため、今までの当たらなかった分が今回まとめて来た感じです。

 それにしても、確変突入率64%としては、この連チャンは異常とも思えます。

 その割りに確変突入率80%の花の慶次ですぐに確変が終わってしまうのですか、一体どうなっているのでしょう。

 それから、今回かなり時短中の引き戻し、それも時短中の3回目や、10回転目など、早い段階で引き戻しがありました。「春のワルツ」は確変突入でない場合でも、内部確変にでもなっているのでしょうか。

 「春のワルツ」については、あまり解析データを見ていないので、よく分からないため、今度は見てから打ってみたいと思います。


スポンサーサイト



2008.04.27 Sun l パチンコ その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pachisloslot.blog98.fc2.com/tb.php/59-41c3de85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。