上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 パチンコの「花の慶次」。人気が出てきてからそのシステムを見て、打ち始めましたが、自分とは相性が全くよくないのか、今まで何回も打ち、数万円を投資し続け一度も当たりに繋がったことはありませんでした。

 正確には記録していませんが、多分トータルでは1000G以上は回したのではと思います。

 そんな中、今さらかもしれませんがやっと、本当にやっと当たりました。

 当たり方は、図柄回転時にボタン予告が発生し、ボタンを押すと、キャラクターコメント演出。コメント発生時「ドーン」かなんかの擬似音が発生。キャラクターは2人目までが登場しました。この段階で、この演出がアツいのかどうかは「花の慶次」を良く知らないため分かりませんでしたが、なんかいつもと違うなと思いました。

 そして、リーチ後発生したのは「キセル予告」。

 「キセル予告」がアツいのは知っていましたし、一度出したかった演出で、それがやっと見れました。

 ただ、始めて見て、「やっと出た、しかし、これで当たらなかったらどうしよう」と少し不安にもなりました。

 するとそこからの演出はなんと「聚楽第(じゅらくだい)」リーチ。

 最もアツい演出というのも知っていましたし、何よりも画面からも全回転というのが分かったため、やっと当たったと安心しました。

 この間投資は7000円でした。

 見事15Rで当たり、その後始めての戦モード。

 事前に調べておいた内容と、実際に打ちながらでそのシステム、アツい場所はだんだんと分かり、最終的に15R6回と、ステップアップは3回発生し、殿モードに移行し、終了しました。

 結局7箱出ました。

 閉店間近だったため、これにて終了しましたが、始めて当たって改めて分かりました。「なぜこんなにも人気が出たのか」。

 大当たり確率は約1/400と決して甘くは無く、また、2R通常のように出玉が無い当たりもあり、ハマリ方が半端ありませんが、一度つぼにはまった時の連チャン性能の高さ。短時間当たりの出玉量と、その連チャン確率80%は伊達じゃありません。

 自分自身はメインはパチスロですが、「花の慶次」は今後も少しずつ打っていく機種になるかなと思いました。また、「エヴァンゲリオン ~使途、再び~」は、面白いので打つとは思いますが。

スポンサーサイト



2008.03.16 Sun l 花の慶次 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pachisloslot.blog98.fc2.com/tb.php/41-1015cf4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。