上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 ゲーセンでですが、パチスロの初代北斗の拳を打ちました。

 前回はゲーセンのスロットということもあり一応全台設定6だったにも関わらず、そして100円で35枚の換金率だったにもかかわらず、3000円程度使用してノーボーナスという不甲斐なさだったため、今回こそ一度は当たりたいと思い打ちました。

 しかし、実際はまたまた投資が嵩む嵩むで、通常のスロ屋だったら14000円を早くも使用してしまっている、投資2000円まで全く当たる気配がありませんでした。

 スイカやチャンス目は全く出ず、チェリーも角チェリーのみと本当に設定6なの?と言いたくなるような小役確率でした。

 しかしやっと投資2000円で中段チェリーが出ると、それで大当たりになりました。

 久しぶりの本当に数年ぶりの初代北斗でのラオウとの死闘が繰り広げることが出来るということで、ガラにもなくわくわくしてしまいました。

 オーラの色は黄色ということでまずまずです。


 バトルボーナスは、…やっぱりいいですね。

 5号機の北斗も将は悪くないとは思っていましたが、やっぱり4号機の北斗は別格です。

 ラオウのキックをトキで避けたり、剛掌波をユリアで復活したり、レイで攻撃したりと面白すぎです。

 結局初バトルボーナスはなんと13連チャンもしました。


 そして、その後はさすが設定6という感じで、1G連を含め、50回転以内に4回大当たりとなりました。

 最後の1回は北斗図柄で大当たりとなりました。

 結局始めが13連チャンしましたが、その次は緑オーラだったにもかかわらず3連チャン、その次の白オーラは5連チャン、最後の北斗図柄でも6連チャンと爆連はしませんでしたが、数年ぶりに初代北斗を満喫することが出来、大満足でした。

 やっぱりゲーセンでも昔のスロットは面白いですね。



スポンサーサイト



2009.06.14 Sun l パチンコ その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pachisloslot.blog98.fc2.com/tb.php/234-2a8a1b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。