上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 パチンコエヴァンゲリオン最後のシ者を始めて打ちました。

 夕方からホールに行き、まあどうせ空いていないだろうとパチンコエヴァンゲリオン最後のシ者の島に行くと、ちょうど今まで打っていた人がヤメた台が1台空いたため、早速その1台を打ちました。

 実戦結果としてはまあまあとなりました。

 175回転から打ち始め、346回転目にサン、ニ、イチ、ゼロとカウントダウンする演出が発生しました。

 ゼロの時に3人組みが出現し、同時に左右の初号機の手が動きました。

 しかしその時はリーチに発展しませんでした。

 「えっ?ゼロでリーチに発展しないの」と思っていると、次の5回転目に再び左右の初号機の手が動き、リーチに発展しました。

 そして、リーチ後に「勝ったな」の背景が出現し、さすがに大当たりを確信しました。(今までのエヴァと同じならこの背景なら大当たり確定ですので)

 そして発展したリーチは2号機リーチで見事に大当たりとなりました。

 しかし通常絵柄で結局確変には昇格しませんでした。

 大当たり消化後、移行したのは特訓モード。

 後で調べると特訓モードはかなりアツかった模様で、今回は特訓モード突入後2回転目にチャンス目が発生し、暴走モードに突入しました。

 アスカ暴走モード突入演出

 そしてこの暴走モード46回転目に初号機リーチの通常絵柄で大当たりとなりました。

 今度はアスカチルドレンモードに移行してしまい、100回転の時短が終了。

 その後の151回転目に再びチャンス目から暴走モードに突入し、暴走モード34回転目に初号機リーチから復活演出が発生し、見事確変絵柄で大当たりとなりました。

 レイ暴走モード突入演出

 そして大当たり終了後再び暴走モードに投入しましたが、わずか1回転目に再び初号機リーチの通常絵柄で大当たりとなってしまい、シンジチルドレンモードに移行し、時短が終了しました。

 その後325回転まで打ちましたが大当たりなく、実戦を終了しました。


 まあ、初実戦としては大当たりにもなりましたし、暴走モードはレイ暴走モードとアスカ暴走モードを見れたので良かったです。

スポンサーサイト



2009.04.26 Sun l エヴァンゲリオン最後のシ者 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pachisloslot.blog98.fc2.com/tb.php/215-7228c86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。