上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 2008年もついに12月になりました。

 自分の経験上、年初め1月から3月よりかは、年末の10月から12月の方が出やすいのでここが勝負どころと思っています。

 ただし、この傾向はその年のホール状況が良かったホールが還元に走るためだと思うので、10月頃までのホール状況が悪いホールはこの冬でより回収に走ると思われます。

 その辺りは気をつけないといけません。


 まあ、そんな12月なのですが、5号機時代に突入し、新台の出続ける勢いが止まりません。ホールに導入される新台数は4号機時代に比べると極端に減りましたが、新台の数は圧倒的に増えました。

 そのため、すべての新台を打つのが難しい状況になってしまっています。

 ここ、12月でも続々と新台が登場します。

 アビリットからは12月15日導入予定の「鬼浜爆走紅蓮隊」。4号機時代に登場した鬼浜爆走紅蓮隊の後継機種で、カッ飛びRUSHと呼ばれるARTは1Gあたり+2.0枚増加という爆裂仕様です。

 12月9日は、OKAZAKIから第1弾マシン「魔界城」。

 12月8日には、「回胴黙示録カイジ2」。カイジについては当ブログのカイジを参照ください。

 また、すでに導入されている?KPEのランブルローズXXは設定6の機械割が119%とかなり魅力的な機械割になっています。

 1月上旬にはSANKYOからRT搭載の「ゴレンジャー」。KPEからはART搭載の「悪魔上ドラキュラ」と、とにかく新台ラッシュで、打っても打ってもすべての機種を打つのが困難です。

 まあ、別にすべての機種打つ必要はないんですけどね。


スポンサーサイト



2008.12.06 Sat l パチスロ その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pachisloslot.blog98.fc2.com/tb.php/154-89225f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。