上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 今回は現在判明しているバイオハザードの設定看破要素を紹介したいと思います。

 バイオハザードはキン肉マンのように設定6のみ別物というわけではなく、全体的に高設定になればなるほど確率等が変わってきます。

1.まず始めは、何はともあれ設定看破要素の1つとして挙げられるのはボーナス確率です。

  BIG確率
  設定1:1/455.11
  設定4:1/417.43
  設定6:1/360.09

  REG確率
  設定1:1/744.73
  設定4:1/636.27
  設定6:1/537.18

  ボーナス合算確率
  設定1:1/282.48
  設定4:1/252.06
  設定6:1/215.58


2.もっとも設定差があるのが次の単独ボーナス確率になります。
  ※単独ボーナスは、赤7下の青ボーナス絵柄を、左リール枠上~中段に狙い、同時当選役を引かずにBIGなら単独BIGとなります。

  単独BIG確率
  設定1:1/10922.7
  設定4:1/3449.3
  設定6:1/1489.5

3.REG中の液晶内容でも判別可能で、REG中の液晶内容がすべてクリーチャーが数回続くと設定1濃厚となります。

  REG中の液晶内容がすべてクリーチャーの確率
  設定1:41.2%
  設定6:19.3%
 

4.ART中のハズレ確率にも設定差がありますが、はずれかSINか区別が付かないため、ハズレとSINの合算で考えると以下のようになります。

  ART中のハズレ、SIN合算確率
  設定1:1/13.10
  設定4:1/12.08
  設定6:1/9.79


 この他、高設定になればなるほどバイオハザードに突入する確率が大幅にアップします。

 ぜひ、これらのデータをバイオハザードの立ち回りの参考にしていただければと思います。

 また、今後も設定看破要素は増えていく可能性もありますので、分かり次第ブログにアップしていきたいと思います。

スポンサーサイト



2008.08.19 Tue l バイオハザード l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pachisloslot.blog98.fc2.com/tb.php/109-d7267e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。