上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 サムライチャンプルーって面白くないですか?

 といっても漫画ではなく、パチンコのサムライチャンプルーの大当たり確率1/85.7のASWのことですが。

 パチンコのサムライチャンプルーは、大当たり確率1/315.5のMTW、甘デジタイプの1/97.8のKSW、姉妹タイプの1/85.7のASWの3タイプがありますが、その中で打ったことがあるのはASWだけです。

 しかしこれが面白い。

 とにかくカセットテープによる巻戻し、早送り、再生が斬新で、特にASWは大当たり終了後の4回転まででカセットが作動すれば巻戻しによる大当たりの引き戻しという連チャン性能が備わっているため、短時間でも出玉が増え、楽しく打つことが出来ます。

 基本的にこのカセットの作動により、期待できないリーチ予告やスーパーリーチも激アツに変わったりするため飽きずに打つことが出来ます。

 甘デジタイプにしては本当に良く出来ていると思いますが、どうですか?


 


スポンサーサイト
2008.06.30 Mon l パチンコ その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
 1円パチンコ打ちました。

 近くのホールに今までなかったため1円パチンコを打ちませんでしたが、最近増えてきた影響で30分程度先のホールに1円パチンココーナーが設置されていました。

 そこは1円パチンコ以外(4円パチンコ)のコーナーの稼動は5割程度なのに、1円パチンココーナーの稼動は95%くらいはありました。

 全100台中空いている台は7台程度。

 出ている人は10箱くらいは出ていました。また、持ち玉移動が可なため、結構な人が出た玉を持って移動していました。

 自分はその中で伝説の巫女を打ちました。

 1000円をサンドに入れると、通常と同じようにデジタル上には「10」が表示され、貸玉ボタンを押すと、デジタル表示が8に変わりました。

 つまり200円分の玉が出たことになります。1玉1円のため200発の玉です。4円パチンコなら1000円で250発ですので、1回の貸し玉では50発少なく出るようになっているようです。

 運が良かったのか、この200円分の玉をほとんど消化することなく、わずか4回転目で大当たりしました。

 これが2連チャンし、1箱を満タンにし、残りを打ち切り換金しました。

 出玉は1800玉程度で換金すると1000円。

 等価交換なら7000円だし、3円交換でも5000円。それが1000円です。0.7枚交換くらいですね。

 1円パチンコは大体1箱1000円と思ってよいと思います。

 確かに投資が少なくて済むのは良いですが、例え10箱出したとしても、いつもなら5万円以上なところが1万円と考えると1円パチンコは自分にはあっていないようです。

 どちらかというと ゲームセンターのほうに近い感じでした。





2008.06.29 Sun l パチンコ その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
 やっちゃいました。

 キン肉マンがお勧め機種に指定されていることもあり、朝からキン肉マンは満席でした。

 ただ、何人かの人が設定6狙いだったのか、数台がすぐに空いたため、設定5狙いで座って打ち始めました。

 まあ、結果はえらいことになってしまったのですが。

 結果についてはパチスロ キン肉マン(6) 実戦データに詳細に書いていますのでご覧ください。


 結果としては上記サイトに書いていますが、もうはまりすぎです。

 始めの156Gはまりはまあ許せるとして、そのまま次は278Gはまり。

 その後はまあまあコンスタントにBGになりましたが、MT非当選。

 その後は、428G、151G、267G、179Gはまりともう分けが分かりません。

 設定看破云々など出来るわけもなく、とにかく低確D濃厚となってきたためMT初当たりをただ待つだけでした。

 MTに突入すればするで少ないゲーム数で単発で終了するし、全く良いところなしです。

 イベント対象機ということもあり、台も空かずに6万円を投資し、終了です。

 BG当選確率1/141って一体…。7揃いBG確率に関しては1/800弱ですし。

 今まで良い感じに立ち回っていた資金をあっという間に使い切った気分です。パチスロキン肉マンの怖さをちょっと実感した1日でした。





2008.06.24 Tue l キン肉マン l COM(0) TB(0) l top ▲
 パチスロキン肉マン。

 始めはいつもどおりの展開。

 100G前後でBGに当選し、MTに突入したりしなかったり。

 だんだんと投資がかさんでいく展開です。

 その後、MTが連チャンしだし、1000枚程度をゲット。

 しかし、ハマリはここからでした。

 まずは186G目でゴングBGに当選。MTには非当選。

 まあ、これくらいはよくあるため、特に気にせず打ち続けていると、次は200Gを越えても当たらず、結局当たったのは、265G目。

 もちろん当たったゴングBGではMT非当選。

 そして本格的にやばくなってきたのはここからで、またまた200Gを越えても当たらず、ゴングBGに当たったのは297G目。ほとんど300Gです。

 そしてやはりというかMTには突入せず。

 その後が本格的にはまってしまい、次に当たったのはなんと、610Gでした。

 このゴングBGでもMTに突入せず、結局1500GくらいでゴングBG5回という、約1/300のボーナス確率であっという間に出玉はノマれ、逆に3万円の負けとなってしまいました。

 こんなにハマることはまずないと思っていたのですが、まあ、こういう日もあるかと、次回に期待していたのですが、そんな次回、もっとハマってしまいます。今回などほんとに序の口だというくらい。

 というその話は、次のブログで紹介したいと思います。





2008.06.22 Sun l キン肉マン l COM(0) TB(0) l top ▲
 キン肉マンで4000枚の次の日、夕方から時間が出来たのでキン肉マンが打てるかどうか分からなかったのですが、ホールに向かいました。

 18時過ぎホールに着くと、キン肉マンは全て埋まっていましたが、少しホールをぶらついて時間をつぶすと1台だけ空きました。

 5000GでBG60回、正義超人の勝利回数は24回と決して悪くはなさそうな台でした。

 まあどんな台でも少し打つ予定でしたので、とりあえず他に空き台もないので、この空いている台を打ち始めました。

 すると、30G程度回した時点で投資は2000円目に突入しましたがすぐに青7に当選しました。

 これでNT突入すればよいなと思っていたら、見事にアシュラマンに勝利。

 その後のMTでは黒7に当選し、MTが継続。

 今思えば、この黒7でも当選していたようで、気付くと10連チャンを越え、最終的には15連チャン。一撃2500枚を獲得しました。ゲーム数は1600G強。時間は8時30分と2時間30分で5万円を獲得しました。

 これがキン肉マンの魅力という感じです。

 あまりに出来すぎという感もあるのですが、まあ結果オーライです。

 全然出ない日もありますし。

キン肉マンで2500枚







2008.06.17 Tue l キン肉マン l COM(0) TB(0) l top ▲
 これが設定6の挙動で書いたとおり、設定6を逃してしまった次の日、同じ台の据え置き狙いをしに行きました。

 結果は撃沈。

 朝一の挙動が高確だったことから、設定1への設定下げが濃厚となりましたが、前日高確終了ということも考えられたため、少し打ち続けました。しかし結局1000G強を消化した頃には設定1を確信しました。

 ただそこまでに通常時に400Gはまりを2回も食らってしまいすでに投資は2万円を超えてしまいました。

 さすがに設定1濃厚台でこれ以上粘る気はなかったため、若干の出玉を換金し、パチンコの島へ向かいしました。

 パチンコではエヴァンゲリオン使徒再びが、13時ですでに12回大当たりしている台が空いたため、これを打ち始めました。

 これが投資1万円で、初号機リーチから確変大当たり。この確変は2連で終了しましたが、その後時短終了後の120Gで再度初号機リーチで単発大当たり。

 この後時短中に確変を引き戻し4連チャン。

 結局この後当たりは来ず、3箱飲まれたため終了しました。

 パチンコでは2000円程度の勝ちでしたが、この後が爆発しました。

 残り2千円。時間もまだ4時だったため最後にキン肉マンが空いていればこの2千円使いきってしまおうと、ちょうど空いている台があった為打ち始めました。

 この考え自体はスロットでは良くない考えなのですが、今回はたまたまうまくいきました。

 空いている台は午前中見ていた挙動からは低設定ぽかったのですが、2千円目で黒7に当選し、これで当たればなーと思っていたら見事に悪魔将軍に勝利しMTに突入。

 このMTが12連チャンし、一撃1800枚オーバー

 この後、高確が終了したらやめようと思っていたら、高確中にゴングBGに当選し、これまたバトルに勝利。

 このMTが今度は15連チャンし、2300枚オーバー

 この後、100G前後でゴングBGに当たりは敗北というのを3回程度繰り返し、実戦を終了しました。
 
 最終的にこの夕方からの爆発で、6時間程度で4000枚を獲得することが出来ました。

 昨日の負けを取り返したのもそうですが、昨日の設定6を逃した運を今回の爆裂で使ったような感じです。

 まあ、今回はかなり運もあったし、これだけ爆裂したのは珍しいのですが、やっぱりキン肉マンとは相性良いのかもしれません。

 相性良いと感じるのはこの次の日の実戦でも同じような感じになったこともあります。

 その辺りの話は次のブログで紹介したいと思います。






2008.06.16 Mon l キン肉マン l COM(0) TB(0) l top ▲
 結果から言うと朝の1/2の選択に失敗し、設定6を逃してしまいました。

 キン肉マンの増台後、初の激アツイベント日ということで、計6台のキン肉マンのうち、前日の設定から残り2台までは絞れていたのですが、その2/1で外してしまいました。

 設定上げを狙っていたので、朝から設定変更の挙動の高確演出が発生すれば、まずは一安心と思っていたのですが、発生したのは自分の狙っていたもう1つの台。

 結局朝一高確演出が発生したのは、その1台だけで自分の台を含め残りの5台の台は発生しませんでした。

 そして、その朝一高確演出が発生した台は、80G程度でゴングBGに当選し、そのBGからMTへ。

 MTは1連でしたが、すぐさま次のゴングBGでMTへ。

 その後青7からもMTへ。

 MT自体の連チャンは2連や3連が多く、MT突入率がとくにかく7揃いならほぼ100%、ゴングBGでも1/2程度で突入していました。

 12時ごろには確実に設定6濃厚と思われました。

 
 この挙動が、設定5程度ならば、打っていた人はやめていて、自分が座れたかもしれませんでしたが、こう設定6濃厚演出だと、さすがに打っている人も辞める気配はなく、結局閉店1時間前の10時まで打っていました。

 その間出玉は7000枚オーバーくらいは出ていました。等価交換なので14万以上です。

 その挙動は明らかでした。

 そして、7000枚オーバーというのもその打っている人がかなり良い感じにBGを引いていて、出玉の増加スピードが設定6の挙動を上回っていたためもあります。

 出玉増加スピードは以下のような要因で増加していました。

 まず、7揃いがかなり多く、正確な数は分かりませんが(このホールスランプグラフとBG当選確率を切っているため)、30回以上出している感じで、設定6というのもありその良く揃う7BGがほぼMT突入していました。

 また、通常時もすぐにBGを引いていて、逆にMT中にハマることがあった為、よりMTを打っていました。

 そして、高確中のゴングBGも多かったため、よりMTに突入していました。


 というわけで、自分の台とは正反対に、その隣の台の挙動はすさまじいものがありました。

 設定6看破は簡単だと改めて思いましたね。

 とにかく7揃いからMTに投入しないことはほぼ無いと思って良いし、ゴングBGからもMT突入しまくりですから。

 ちなみに自分の打っていた台は設定1濃厚と思われたため、途中でやめましたがすでに昼過ぎには投資2万以上となってしまいました。その後もう1つの良さそうな台が空いたため打っていましたが、これは後に高設定確定札が刺さり、演出から設定4だと分かりました。

 打ち続けるかどうするか迷いましたが、設定6の台の隣ということもあり、設定6の挙動が見えるし、また、他に高設定台は見当たらないため打つことにしました。

 結局この台では、プラマイ0程度になってしまいましたが。


 しかし、本当に貴重な設定6投入日だったと言うのに、惜しかったです。かなり残念です。朝残り1/2まで絞れていたのに、という感じです。(まあ、こういう日多いですけども)

 というわけであまりに悔しく残念でたまらなかったのですが、次の日行くと今度は良い感じで爆発しました。

 その話は次のブログで紹介したいと思います。





2008.06.15 Sun l キン肉マン l COM(0) TB(0) l top ▲
 戦国無双、キン肉マン等で現在のりにのっているYAMASAから今度はAT+ARTのシステムを搭載した「バイオハザード」が出るようです。

 バイオハザードのシステムとしては、ATとARTが1セットとなる「バイオハザード(通称Bio)」と呼ばれる付加機能により、4号機時代の爆裂AT機に近いような連チャンが期待出来るようです。

 まあ、もちろん爆裂連チャンといっても5号機の規制から4号機のATとは全く別物とは予想できますが。


 以下、現状分かっている機能、システムを紹介します。

 まずは、ボーナスです。

 ボーナスはBIGとREGの2種類で、BIGは赤図柄をそろえることで平均342枚獲得、REGは青図柄をそろえることで平均80枚獲得できます。

 リール図柄自体は赤7と青7があるのですが、これはボーナス図柄では使用せず、ウェスカーモードと呼ばれる超高確のRTへの突入契機となっています。

 また、BIGとREGの比率は3:2程度のようです。

 そして筐体についてですが、リールは4thリールまで採用されていて、キン肉マンと同じ筐体のようです。そのため、リール停止ボタンは4つ押す必要があります。

 AT+ARTの「バイオハザード」機能は、ボーナス後はもちろん、通常時でも突然突入するようです、また、7揃いはウェスカーモードと呼ばれるRTに突入し、これは超高確状態であり、「バイオハザード」に突入しやすくなっているようです。

 そしてこの「バイオハザード」モードは、AT後ARTが発動し、このARTは50Gで1セット。1回の当選でこのセットが最大10セット期待出来るようです。そして、このセット自体に上乗せがあり、上乗せは最大255セットまで可能なようで、このようなシステムのため、つぼにはまれば、かなりの連チャンが期待できるようです。

 キン肉マンのボーナス確率は低いが、その分どこからでもARTに突入するようなシステムでしょうか。







2008.06.10 Tue l バイオハザード l COM(0) TB(0) l top ▲
 キン肉マン。

 朝の10時開店から、21時まで打ちました。

 最終的には、7484G打ち、BGは96回、その内7揃いが25回ありました。

 確率的には、BGが約1/78、7揃いは1/299とまずまずです。というかボーナス確率だけ見れば、設定5もしくは設定6でした。

 そして、肝心なMT突入率ですが、これは以下の通りでした。

 キン肉マンが25戦14勝、テリーマンが21戦5勝、ロビンマスクが9戦5勝、ブロッケンJrが22戦6勝、ジェロニモが14戦5勝、アニメ主題化が5回。

 正義超人の勝率自体は約35%と設定3辺りです。

 収支的には15000円使用して、換金額が48000円のため、収支は+33000円となりましたが、基本的に通常時にハマってMT中にすぐにBGに当たっていたことを考えるとまずまずです。

 というか、7揃い、特に黒7は10回中4回も初当たりがあり(その割りに連チャンが最大3連チャン)、赤7は6回中4回、青7は9回中5回とかなり良い感じでした。これ設定6?という感じも少ししました。実際には設定は不明ですが。


 まあ、実戦結果は上記の通りですが、いくつか今までとっていなかったキン肉マンの画像を今回とったのでアップしたいと思います。


キン骨マン


燃えろ友情、熱き戦い


バッファローマン


テリーマンとアシュラマン


テリーマンとバッファローマンの腕


キン肉マン復活


リング


キン肉マンと悪魔将軍


いやー、それにしてもキン肉マンやっぱり面白いですね。





2008.06.09 Mon l キン肉マン l COM(0) TB(0) l top ▲
 2027を少しだけ打ちました。

 打てども打てども「JAC IN」はもちろん「BATTLE MODE」にも突入しなかったのですが、開始360Gでなんと「7」でバトルモードに突入しました。

 2027でいきなりこれだけハマったのにもびっくりしましたが、いきなり「7」というのにもびっくりしました。

 しかし、やはりというか突入したバトルモードはわずか3セットで終了。ストーリーも全く進まず、ほとんどメダルが増えませんでした。

 仕方がないので、持ちコインだけ使用しようと打ち続けていると、早い段階で2回JACINになり、その後チャンスリプレイからバトルモードに突入しました。

 そしてこのバトルモードが22セット続き終了。

 特に2027はイベント機種でもなく、また7台中ほとんど空き台であり、この時期でもあり、高設定は望めないと思い高確終了と思われる状況で終了しました。

 
 最近「2027」自体設置しているホールが少なくなってきましたが、たまに打つとやはり面白いです。今回は、本当にかなり久しぶりに「7揃い」からバトルモードに突入しましたが、これが3セットで終了とそこだけ残念でしたが、まあそこそこ楽しめたので良かったかなという実戦日でした。





2008.06.07 Sat l 2027、20207X l COM(0) TB(0) l top ▲
 2008年6月上旬から約1ヶ月に渡り、パチンコ・パチスロホールでは新台入れ替え自粛期間に突入します。

 これは洞爺湖サミットが開催される影響で、サミットが国を挙げてのイベントということで警察が繁忙になると予想されるため、警察業務への協力ということで普段警察の検査が必要になる新台入れ替えをホールが行わないように自粛するためです。


 ところで洞爺湖サミットとは何でしょう。

 洞爺湖サミットとは北海道の洞爺湖で行われるサミットのことで、つまりは、毎年行われている、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、ロシアの8ヶ国及びその年のEU議長国の政府首脳および欧州委員会委員長が、国際的な経済的、政治的課題について討議する会議(主要国首脳会議)のことで、2008年の開催地が北海道洞爺湖(とうやこ)であるため、その地名をとって洞爺湖サミットと呼ばれています。


 そして、この洞爺湖サミットによる入れ替え自粛期間は地域によって異なります。

 例えば、東京都や埼玉県や千葉県は6月14日~7月13日、大阪府は6月1日~7月13日、奈良県は6月5日~7月10日です。

 この辺りの詳細は、洞爺湖サミット入れ替え自粛期間で紹介していますので、ぜひご覧ください。





2008.06.04 Wed l パチスロ情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
 最近キン肉マンのボーナス確率が確率通りにいきません。

 今回は夜の8時ごろからの実戦を行ったのですが、8台中空いていた台は2台。

 その内の1台が180Gでやめていたため、打ち始めましたが、3000円投資して250Gを越えてもBGに当たる気配なし。

 BG確率1/90以下の割には、まったく当たる様子がなかったため、空いている残りの1台に変更しました。

 しかし、こちらもこちらで当たる気配がなく、150Gから打ち始め、5000円投資し、当たったのは300G直前の298GにやっとゴングBGで当たりました。

 まあ、しかし案の定というかジェロニモVSサンシャインのバトルでは敗北し、直後のRTは1Gで終了。

 その後、2000円投資するもBG当選の気配がなく、また低確D等でも高確でもなさそうなため、やめました。


 結局トータル300G以上、打ち始めのゲーム数を入れると600G以上で1回しかBGに当選しなかったことになります。

 もちろん完全確率なためこういうこともありますが、最近キン肉マンは通常時になかなか当たらず、MT中にすぐに当たるというのが多すぎます。

 前回などは驚くなかれ、400Gハマリの後黒7BGで当たり、見事バトルに勝利し爆裂するかと思った矢先、なんと1Gで単独ゴングBGに当選。そしてこれにてMT終了という、キン肉マンにおける最強の最悪な結果ではないかと思われる感じとなりました。

 まあ、こういう時期は負債を最小限にするのが懸命ですね。





2008.06.02 Mon l キン肉マン l COM(0) TB(0) l top ▲
 今回も「「パチスロ キン肉マン」の実戦結果です。

 10時から21時まで打ちましたが果たしてこの台の設定は何なのだという感じでした。

 詳細はパチスロ キン肉マン(5) 実戦データを参照ください。

 結果としてはMT初当たり数がBG100回中17回もあり、また黒7からのMT初当たりが8回中3回と約40%もあり、その割に黒7からのMT継続が全く連チャンしないと、結局設定がいくつなのか分かりませんでした。

 始めはMTにいきなり突入し、しかも単発やほとんど連チャンしないのが数回続いたため、これが設定6かとも思いましたが、それにしてはBGからのMT突入率が中途半端で、というか自分が通常時にはハマって、MT中はすぐBGに当選という悪い流れのためコインが全く増えない展開で、なんだかうまくかみ合っていない感じでした。

 ただ、今まで打ったキン肉マンとは確かに挙動が異なっていたのも確かで、あまり深くハマル気配はなくやはり設定6のヒキ弱かと言った感じもあります。

 まあ、設定4なのかも知れませんが。(もしかしたら1?)

 うーん。微妙な感じでした。
 




2008.06.02 Mon l キン肉マン l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。