上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 今回は朝から晩までエヴァンゲリオンを打ちました。
 
 といっても、パチスロの「エヴァンゲリオン まごころを、君に」は少ししか打たず、ほとんどパチンコの「エヴァンゲリオン 使途、再び」と「奇跡の価値は」を打っていました。

 ということで、このブログは基本的にパチスロのことを書いているのですが、今回はパチンコが中心となっています。


 普段良く行くマイホールには、今月導入されたパチンコの「エヴァンゲリオン 使途、再び」は未だ導入されていないため、片道1時間以上かけて、朝からパチンコの「エヴァンゲリオン 使途、再び」を打ちに行きました。

 朝並んだ順は34番だったのですが、そのホールは「エヴァンゲリオン 使途、再び」が50台近くあり、また並んだ人の多くが、創聖のアクエリオンや、海系に散ったため、十分台を選ぶ余裕がありました。

 そのうちの真ん中辺りにある台に腰を下ろし、2度目となる「エヴァンゲリオン 使徒、再び」の実践を開始しました。一度目は5000円使って、全く当たる気がしなかったためやめてしまいました。今回は朝からと言うこともあり、2万円までは突っ込むぞという意気込みで打ち始めました。

 結局開始投資2500円で、警報演出が発生し、ミッション系嫌だなと思っていたら、マヤ登場で使徒演出となり、「新・ユニゾン」リーチでそのまま通常大当たりになりました。

 そしてその当たりは確変にならず、やばいなと思っていたら、20回転目ぐらいで、再び警報演出、マヤ、使徒登場で「三機殲滅」リーチで確変大当たりとなりました。

 その後は、連チャンは3回程度で終わってしまうことがほとんどでしたが、時短中に当たりを引き戻すことが多く、たとえ時短が終わっても200回転以内には再び当たる展開となりました。

 結局16回大当たりのドル箱11箱で15時ごろに実践を終了しました。

 レイ全回転も見れたし、零号機格納背景も見れたし、カヲル演出も見れ、マステマ演出も多く出現し、F型装備も何回も出現し、とにかく楽しく打てました。

 ただ、自分がやめた台、その後に座った人が20回転ぐらいですぐに確変大当たりになっていましたが。


 その後は、マイホールで今度はパチスロの「エヴァンゲリオン まごころを、君に」を打ちました。

 これが投資2000円で赤7ビッグ。その後は100G以内にREG、REG、黄7ビッグ、REG、青7と当たり、ただし、レイチャンス中のハズレがあまりにも少なかったため、低設定と判断し、650枚程度のメダルを流し終了しました。

 その後は、パチンコの「エヴァンゲリオン 奇跡の価値は」を打ったところ、今度は投資4000円で初号機格納庫演出から確変大当たり。連チャンと引き戻しを含め11回当たり、ドル箱8箱を流し終了しました。

 という感じで今回は朝から晩まで、エヴァのみで、またボーナス確率がかなり良かったというか良すぎたため、ずっと楽しく打てました。最近はずっと、パチンコもパチスロも機械割やスペック以下のボーナス確率でしか当たらず、負けることが多かったのですが、それだけ今まで悪ければ今回のようなびっくりするぐらいの良い確率で当たる日も、それはあると思いました。

 こういうことが続けばもちろん良いのですが、そううまくいくわけありません。基本的には最終的には確率通りに落ち着くはずです。そんな訳で、今回はあまりにも出来過ぎだったということもあるため、今回は今回であまり振り返らずに、今後もパチスロで設定看破しながら打っていきたいと思います。

 しかし、本当にここ最近パチンコで思うように当たりが引けずどうしようもなかったため、今回はエヴァの演出も多く見れて充実した日でした。ちなみにやめたパチスロの「エヴァンゲリオン まごころを、君に」も、その後座った人が1500枚以上出していたため、今回は座る台座る台全てが良い方向に行っていたようです。






スポンサーサイト
2008.01.30 Wed l エヴァンゲリオン 使徒再び l COM(0) TB(0) l top ▲
 今頃ではありますが、三国志で3000G弱でビッグ17回、つまり、ボーナス確率1/180以下の台が空いていたので打ちました。

 ボーナス確率だけで見れば設定6を越えています。その台が200G回転で空いていました。

 打ち始めたところわずか投資1000円で緑7に当選。その後、わずか12Gでまた、緑7に当たり、幸先が良いなと思っていました。

 その後、チャンスゾーンからチェリー入賞でRTに突入しました。このRTではボーナスに当たりませんでしたが、その後何度もRTに突入し、結局250GまでチャンスゾーンとRTがループしました。

 しかし、ここからが問題でした。

 その後、いくら打ってもボーナスにつながらず、600Gを越えても当たりません。その後コインも無くなり再び投資することになりました。結局900Gまで回しましたがボーナスには当たらずここで実践を終了しました。

 それまでは200G以内にほとんどのボーナスが当たっていた台にもかかわらず、ここに来て900Gもハマルとは。もちろん確率なのでこういうこともあるというのは分かりますが、なんだか最近こういうのが多すぎます。自分が打つと、それまではボーナス確率が良い台でも急に悪くなるという感じです。

 みなさんもそういう経験あると思いますがいかがですか。

 三国志のデータは三國志(IGTジャパン)や、三国志(三國志)を参照してみてください。




2008.01.28 Mon l 三国志 l COM(0) TB(0) l top ▲
 すでに導入されて1年以上たっていますが、今でもバラエティーコーナーにはツインエンジェルが設置されているホールがちらほらあります。その数はかなり少ないですが、あの頃のスロットが今でも設置されているというのは、短命な機種が多い5号機の中ではそれなりに人気があることを示しています。

 私自身は本当にたまに、打つ機種が無い時に少し遊び程度に怪盗天使ツインエンジェルを打つことがあります。

 この前も少しだけ打ちました。

 初ビッグは投資2000円でハルカボーナスに当選しました。その後のチャンスゾーン中にはすぐにリプレイが揃い通常時に転落しましたが、20G程度で再びハルカボーナスに当選。そのチャンスゾーンでベルが揃いリプレイタイムに突入。そのリプレイタイムではボーナスを引けませんでしたが、その後80G程度で今度はアオイボーナスに当選しました。このチャンスゾーンではまたベルが引けず、通常時に転落。

 その後はボーナスにも当たらず200G弱回したところでやめました。獲得メダル数は460枚。これにて実戦終了です。

 さすがにこの時期で高設定があるとは思っていないため、本当に遊び程度に少しの時間しか打ってはいないのですが、なぜかツインエンジェルとは相性が良いようで、ボーナス確率1/300にしては、自分は投資数千円で当たることがほとんどです。初ビッグは大抵100G以内に当たります。(逆に機械割以上に当たらなく相性が全く良くない機種も多いですが)

 そんな訳で、この時期でもツインエンジェルに対しては収支が良いという結果になっています。

 今後率先して打つことは無いと思いますが、たまには打っていきたいと思います。

 まあ、「吉宗2」や「北斗の拳2 ネクストゾーン 闘」が導入されたらまずはそれを打つとは思います。

 怪盗天使ツインエンジェルの情報は、こちらのサイトも参考にしてみてください。
 快盗天使ツインエンジェル(トリビー)




2008.01.27 Sun l 快盗天使ツインエンジェル l COM(0) TB(0) l top ▲
 ついにパチスロ北斗の拳2乱世覇王伝の続編が2008年3月に登場するようです。

 前作の北斗の拳2は、ボーナスのメダル獲得枚数の少なさ、ラオウステージ中のRTでメダルが減り続けること、RTの最大継続率が500Gということが合わさって、機械割が設定6でも107%弱という今までの北斗の名が泣くような出来栄えとなっていたことで、人気があったとは決して言えるような機種ではありませんでした。

 しかし、今回の「パチスロ北斗の拳2 乱世覇王伝 ネクストゾーン闘」は、その辺りの不満を一気に解消した出来のようなのです。前作からわずか8ヶ月でのお披露目となることから、メーカーも前作の北斗に対して危機感を感じていたのかもしれません。

 新生北斗の拳2は基本的なゲーム性は前回と同じようで、ボーナス後にRTに突入するようです。そして、そんな中で前作の不満を解消するために以下のような変更が施されています。

 まずはRTの性能。

 ベルの払い出しが9枚だったのが13枚と4枚増加し、RT中のリプレイ確率が1/2.4から1/1.7へのアップしたことで、RT中の1Gあたりのメダル増減枚数は、前作-0.41枚が、+0.05枚とほぼ現状維持になったようです。

 またビッグの獲得枚数にも変更があるようで、前作224枚だったところ、264枚と前作より40枚アップしたようです。

 この他、前作では良くRTの最大継続ゲーム数の500Gを越えてしまって、RTが強制的に終了していたと思いますが、このRTの最大継続ゲーム数が3000Gに変更になったようです。

 ただ、これら変更の影響として、チャンスタイムからの復活率が変更していたり、ボーナス確率が変更されていたり、RTの継続率が変更されている可能性もあります。

 ただ、少なくとも前回の最大の不満の原因となった機械割についてはアップしていることは確かだと思います。少なくとも北斗なら、設定6で機械割110%、欲を言えば115%は越えていてもらいたいところです。

 しかし、RTが減少ではなくなったのは良いですが、現状維持というのがやはりいまいちな気きもします。いまいちというかもったいないなと。頑張って増加RTにできればより人気が出るとは思います。5号機の規制の中では難しいとは思いますが。そういう中で「2027」は本当に良くできていると思います。

 と、まだ「パチスロ北斗の拳2 乱世覇王伝 ネクストゾーン闘」について導入もされていないのに、不満を言っても仕方ありません。まずは楽しみに待っていたいと思います。それだけ期待しています。




2008.01.22 Tue l 北斗の拳2ネクストゾーン闘&将 l COM(0) TB(0) l top ▲
 またまたパチスロ戦国無双を打ちました。

 といっても始めはお勧め機種になっていた「スパイダーマン2」を打ったのですが、これは7000円使って350枚出て終了。プラスマイナス0で終了しました。ボーナス確率自体は1/250程度でかなり良かったのですが、1200G消化でBIG1回、MID4回とかなりMIDに偏ったせいで、あまりメダルを出ませんでした。

 そのため、他に良い台があるか探していると、2000枚出た後1000枚のまれて600Gでやめていて、戦国ラッシュの継続率も良さそうな戦国無双が空いていたため、スパイダーマン2からパチスロ戦国無双に移行しました。

 これがわずか2000円目の特殊リプレイでBGに当選。低確中にも関わらず信長に勝利。

 突入した無限戦国ラッシュはわずか3G目に特殊リプレイ成立でBGに当選し終了。ただし、50G以内のため、もちろん高確中でこのBGでも信長に勝利し無限戦国ラッシュに突入。

 この無限戦国ラッシュが420G程度継続し、BIGに当選。高確中で慶次を選択すると、無双ゲージを4個獲得したため無限戦国ラッシュに期待しましたが、始めの2択SINの選択に失敗し、戦国ラッシュ終了。

 しかし、この後も80G程度でBIGに当選。低確中でしたが幸村で無双ゲージまたまた4個獲得。この戦国ラッシュが2択SINのナビがずっと出ていたため120Gまで継続。120Gで始めてナビなし2択SINが出現し、またまた選択に失敗し終了。

 この後もよく当たり、気付けば2000枚オーバー。最後に500枚強のまれ実践を終了しました。

 設定自体は前回打った戦国無双よりも良かったかもしれません。とにかくBGでは信長に負けないし、高確にも良く突入するし。しかし、今日は自分の2択SINのヒキが全くよくなく、また、よくこのような高設定濃厚と思った台で1000枚以上出た状態で勝負を続行した場合、ほとんどのメダルを飲み込まれてしまうことが多かったため、今回はこの時点で終了しました。

 パチスロ戦国無双、ボーナス確率自体は高設定でも当たりやすいとは決して言えないため、どこでやめるかがかなり重要だと思います。今回も勝負を続行したほうが良かったのか、それともやめた方が正解だったのか、それは神のみぞ知るといったところです。




2008.01.21 Mon l 戦国無双 l COM(0) TB(0) l top ▲
 夕方からのパチスロ戦国無双の実戦。

 18時から4800GでBIG16回、BG3回の戦国無双を打ちました。データからその台は、始めに2000枚近く出ていたが、その後失速し、-1000枚になっている台でした。

 投資9000円目、それまで一度も特殊リプレイが出ていなかったのですが、初の特殊リプレイで見事BIGに当選。幸村で消化し無双ゲージは2個。この戦国ラッシュがわずか10Gで終了し、やはり駄目かなと思っていました。

 しかし、ここから爆発しました。

 その後30G程度回し出現した特殊リプレイでBIGに当選。慶次で消化すると無双ゲージ4個で無限戦国ラッシュに突入。この戦国ラッシュが120G程度でBIGに当選。そのビッグを半蔵で消化すると、突入した戦国ラッシュは50Gで終了。しかし、その後もわずか120G程度でBIGに当選。

 その後はとにかく100G前後でBIG、BGに当選し、200G以上回したのは1回だけでした。最後に幸村の無限戦国ラッシュで320Gまで回しましたがここでBGに当選し、信長に負け、その後通常時を100G程度消化し実戦を終了しました。

 結果は2200G回し、BIG11回、BG6回と、破格のボーナス確率になり、3000枚のコインを流しました。

 トータル的にはその台は、7000GでBIG27回、BG9回となんとも良いボーナス確率になりました。

 今回BG6回中高確BGもあったにも関わらず一度も信長に勝てなかったので低設定とも思われるのですが、通常時より高確に突入している状態がかなり多く、成立したボーナスの80%以上が高確中のボーナスだったため、設定4ぐらいだったと思います。

 戦国無双はボーナス確率からはあまり設定看破はできませんが、特殊リプレイは2回に1回以上ボーナスにつながり、それ以外でも当たり、とにかくボーナスに演出が発展すれば必ずボーナスに当たる感じでした。

 そして、無限戦国ラッシュも何度かありましたが、とにかくすぐにボーナスに当選していまうこともあり、無限戦国ラッシュを楽しむことはあまりできませんでしたが、これだけボーナスに当たれば負けるわけが無く、久しぶりに戦国無双のスペックを十二分に引き出した感じでした。

 最近は打っても打っても機械割以下になり、またボーナス確率も解析値以下になっていたため、まあこういう日ももちろんあるということですね。

 戦国無双は負ける時はあっという間に負けてしまいますけど、やはりこの出玉感のため5号機としてはかなり楽しく打ち込めます。




2008.01.20 Sun l 戦国無双 l COM(0) TB(1) l top ▲
 遅まきながらやっとスーパービンゴVを打ちました。

 近くのホールにスーパービンゴVが設置されていなかったため、なかなか打つことができませんでした。ですのでやっと打てたそのホールは自分のマイホールではないため、ホールの癖等が分からないため、とりあえず10000円程度使い回りの台を見ながらスーパービンゴVのスペックを確認してみようと思いました。

 打ったのは夕方からで、そのホールにはスーパービンゴVが4台設置されていました。始めこそ空台があったのですが、少しするとスーパービンゴVはすべてうまってしまいました。他の機種の台はかなり空台があったことからスーパービンゴVの人気度は確認できました。その割には設置されているホールが少ないのはなぜなのでしょう。

 まあ、そんな中でスーパービンゴVを打ってみたのですが、初当たりは投資1万円でやっとノーマルビッグに当選。しかし、というかやはりというかそのノーマルビッグのビンゴゲームではビンゴチャンスに突入しませんでした。

 その後、コインはのまれ、追加投資2000円、ノーマルビッグがまた当たりましたがまたもビンゴチャンスには突入せず。そして、その後は20G後にノーマルビッグに当選。このノーマルビッグ後のビンゴゲームの1G目でやっと弱チャンス目が揃いビンゴチャンスに突入。

 77G消化後再びビンゴゲームで弱チャンス目が停止し、ビンゴチャンスに突入。77G消化後、今度はビンゴゲームでリプレイが揃いビンゴゲーム終了。この時点で500枚程度コインがあったのでここでやめるか少し迷ったのですが、初打ちということで、とにかくスーパービンゴVのゲーム性を楽しもうと思い、その後も続行しました。

 結果はすべてのまれ実戦終了。

 結局、1000Gほど回し、ノーマルビッグ3回、ビンゴチャンス2回と共に設定1以下の確率にて終了です。

 回りの台を見ている限り、とにかくビッグ確率が1/300程度ということと、ノーマルビッグの獲得枚数が120枚ということで、如何にボーナス後のビンゴチャンスに突入するかが最重要になっています。また、今回自分はビンゴチャンスのループがわずか1回で終わってしまいましたが、ここでいかにループ率80%の威力を発揮できるかにかかっていると思います。一度ビンゴチャンスに突入すれば、77G消化でコインが120枚程度増えるため、ノーマルビッグに80%ループで成立していることと同じになるため、かなりコインの増加速度はあります。

 ちなみに自分が打っているとき、他の台でスーパービッグに当選している台がありましたが、スーパービッグは獲得枚数312枚でビンゴチャンス突入100%ということで、一度スーパービッグに当選すれば5号機としてはかなり一撃必殺にはなります。

 これからも、スーパービンゴVを打てる機会があれば打ちたいですが、ノーマルビッグ120枚はちょっと少なすぎと感じました。これだったら自分の好きなパチスロ戦国無双の方がスーパービンゴチャンスと同じく無限SRもあるし、機会割も高いし、ボーナス時のコイン獲得枚数も多いため良い感じです。




2008.01.19 Sat l スーパービンゴV l COM(0) TB(0) l top ▲
 機動戦士ガンダムⅡを少しの時間でしたが打ちました。

 実戦結果は機動戦士 ガンダムⅡ~哀・戦士編~ 実戦データにありますので、良ければ参照してください。

 投資2000円でREGが当たり、その後再び投資2000円で青7で当たり、その後はRT中エピソード7までいき、赤7成立、次のRTはエピソード8までいきREG成立と幸先の良いスタートでした。

 しかし、このREGを皮切りに、REGのオンパレード。一時は1000枚近くあったメダルがあっという間に飲まれ、投資4000円で実戦終了となりました。

 エピソード8までいったのは初めてだったのですが、ガンダムはエピソード7以上でほぼボーナス確定なので、エピソード7になったときはその時点で安心していました。エピソード8になった時も、思ったとおり当たりましたが、大事なのは当たることではなく何で当たるかです。ここでREGに当たってしまったためRTも終了し、その後投資をする羽目になった感じです。

 全体的に5号機ははまる時ははまるため、(まあ4号機以前もそうでしたが)、特に我慢のパチスロが多いため、この投資後も頑張れば良かったのかもしれませんが、今回はやめてしまいました。

 パチスロガンダム、もう少し出玉が多ければ言うことないのですが。

 ちなみに前のパチスロ実戦の感想で1000枚以上獲得したらやめたほうが良いと書いていたにもかかわらず、1000枚近くメダルが増えたのに続行したのもよくなかったのかもしれません。




2008.01.17 Thu l 機動戦士ガンダムⅡ l COM(0) TB(0) l top ▲
 当日のお勧め台となっていたため朝からシェイクⅡを打ちました。

 結果はシェイクⅡ 実戦データの通りですので参照ください。

 結果としてはなんとも微妙な感じな流れになり、1800G回して終了しました。

 1800Gでビッグ4回、REG0回。うまくボーナスがすべてビッグに偏ってくれたおかげで、なんとか負けはしませんでしたが、ボーナス確率の合算としては設定1以下。これがREGに偏っていたらえらいことになっていたことを考え、これにて実戦を終了しました。

 シェイクⅡはビッグボーナスは400枚以上と5号機では獲得枚数が多いほうですが、REGの獲得枚数が少なすぎます。また、ボーナス確率も高くは無く、コイン持ちが良いため全体的にまったりとした展開となり、これに合わない人は、はまらない機種になっています。
 ただ、スゴビから当たったビッグは、全9種類の演出が楽しめ、シェイクⅡのシステムと演出を理解すると結構面白いことが分かります。

 ちなみはスゴビとはスゴイビジュアルの略で、今度の新台、新吉宗にも採用されるようです。

 シェイクⅡは最近は打つ人も少なくなってきたため、高設定が入っていそうな場合は率先して打つようにしています。

 今回は高設定かどうか微妙だったためやめてしまいましたが、高設定が入りそうな日は引き続き打っていきたいと思います。

 シェイクⅡの解析データは、シェイクⅡ 解析データを参照ください。




2008.01.15 Tue l シェイクⅡ l COM(0) TB(0) l top ▲
 シスタークエストのボーナス確率は設定1でも1/183とかなり当たりやすい部類に入ります。
 しかも、ビッグボーナスでは300枚以上獲得できることからも、調子よく100G以内に当たり続けると、RTやARTの付加機能が無いシステムとしては珍しく短時間で1000枚程度は獲得できます。(天井RTは999Gはりまでありますが)

 実際この前も打って来ましたが、100G以内にボーナスが連チャンし、ビッグ3回レギュラー4回とレギュラーに偏ってはいたのですが、あっという間に1000枚以上は獲得できました。ただ、その次に500Gハマリをくらいそこでやめたので、少ししか勝てませんでしたが。

 そんな感じで、シスタークエストは結構なお気に入りの一つになっています。
 特にRPGのシステムを採用していて、ボーナス毎に次のステージに進み、また、ステージ毎にボーナス中のストーリーが変わるため、本当に付加機能が無いシステムにしては、打っていて飽きません。
 
 設定看破は単独ボーナス確率が中心で、ちょっと簡単とはいえませんが、ボーナス確率で見ればある程度ゲーム数が回っていれば高設定と思われる台に座ることは可能ですし。

 導入されてから結構立ちますが、最近はまあ打つ台が無い時には積極的に打っている感じです。

 機械割りやシステムについては解析 - シスタークエストにありますので、良ければ参照してください。




2008.01.14 Mon l シスタークエスト l COM(0) TB(0) l top ▲
 赤ドンが設置されているホールでも未だ青ドンも人気があります。

 そんな中で赤ドンは設置されていないホールなのですが、青ドンの高設定確定台が落ちていたためすでに8時を回っていましたが打ってみました。4000G回していてBIG8回、REG3回で本当に高設定?と疑問に思ってしまう台だったのですが。

 350Gから打ち始めて投資1万円。650Gを越えてもボーナスに当たる気配がありません。その間弱氷が2回出ましたが、当たる気配なし。その後追加投資3000円でやっと当たったボーナスはレギュラー。

 そして結局そのレギュラーものまれ、追加2000円しましたが、当たる気配なしだったためやめました。

 管理人はなかなか青ドン当たりません。試行回数が少ないため今回打った台が本当に高設定なのかは分かりません。確率的には設定1以下ですが、これだけではなんとも言えません。管理人は赤ドンは結構良い感じなのですが、青ドンはどうにも合っていないようで、あまり勝てません。

 そういう台はきっとやらないほうが良いんですよね。

 最近ボーナス確率以上にボーナスに当たらないのです。何とかしなければ。

 参考までに青ドンの機械割等のデータは実践!パチスロ攻略 - 解析 青ドンにありますので、よろしければ参考にしてください。




2008.01.12 Sat l 青ドン、赤ドン l COM(0) TB(0) l top ▲
 バーチャファイターは付加機能が完走型RTのTとARTタイプのFの2種類がありますが、少ない投資でパチスロを楽しむならばバーチャファイターTの方バーチャファイターFよりもお勧めです。

 設定1でも機械割が98.5%弱あることからも、一度ボーナスに当選すれば、完走型RTに移行する確率も50%以上あり、結構長い時間楽しむことができます。また、RTがループすれば、設定6の機械割が112%弱あることからも終日打てば5万円程度の勝ちは見込めます。

 全体的にボーナス確率は1/250程度と高くもなく低くもない確率のため、大体1万円も使用すれば1回ぐらいはあたります。後はこのボーナスで、その後に何回RTに突入するかで、RTに2回も突入すれば十分その後も楽しむことができます。ただ逆にこのボーナスで、RTに一度も入らなかった場合は厳しくなってしまいます。

 基本的にはバーチャファイターFの方もそうですが、大勝は狙えない機種のため、バーチャファイターはパチスロを楽しむために打つのに向いている機種と言えます。逆に「戦国無双」や「2027」は、ハイリスクハイリターンの機種と言えます。

 管理人的には、最近は新台ということもあり、空いていれば積極的に打っています。現状設定看破要素も不明なため打ってみないと分からないということもありますし、高設定台が落ちている可能性もありますので。ただ、大勝は出来そうも無いなという印象はあります。逆に大負けもしづらいなという印象のため、ちょっとパチスロしたいなという時には良いなという感じです。




2008.01.10 Thu l バーチャファイターT&F l COM(0) TB(0) l top ▲
 ちょっと今さらという感じもするのですが、今だからこそ付加機能のないデビルメイクライ3をどのように立ち回ればよいか、管理人が実際に重点を置いている立ち回り方法を中心に紹介したいと思います。

詳細の解析は実践!パチスロ攻略 - 解析 デビルメイクライ3を見てみてください。

デビルメイクライ3は、以下のような特徴があります。

・高設定のほうが低設定よりもBIGに当選しづらい
・高設定のほうが低設定よりもREGに当選しやすい
・高設定のほうが低設定よりも1000円あたりの回転数が多い
・高設定のほうが低設定よりも1枚役の同時当選期待度が高い
・高設定のほうが低設定よりもチェリーでの同時当選期待度が高い

 この中で、管理人が特に重点を置いているのは、1枚役の同時当選期待度です。設定1なら5回に1回、設定6なら4回に1回同時当選する確率です。
デビルメイクライ3は設定1でも、1000円で50回転以上回るため、1万円使用すれば大体500回転は回り(設定6なら550回転以上回り)、その間1枚役は3回か4回は出る確率になります。大体この間の1枚役で当たらないようならその台は見捨てます。もしその間にチェリーやスイカでボーナスに当選するようならとにかく1枚役4回をみて、その4回中に1度もボーナスにつながらないようならやめます。

 本当は慎重に行うなら最低2000Gでベル確率や他の要素も見る必要がありますが、今回紹介した立ち回り方法は、少ない予算で如何に高設定を掴むか、言い換えれば低設定をはやく見切るかを紹介しています。正直2000G回すとその時点で大体その日の勝負は決してしまうことが少なくありません。そこでここでは短時間にできる立ち回り方法を紹介しました。
デビルメイクライ3は、1000円でかなり回転し、またベルが15枚役のため、設定1でも1000円で80回転ぐらいすることも多々あり(長い目で見れば収束しますが)、回転数だけで見るのは今までの実践から判断すると危険と思います。もちろん、ある程度ボーナスにも当たり、追加投資をしない状態ならベル確率やBIG確率、REG確率やチェリーとの同時当選期待度も含め最終的な判断をしたほうが良いと思います。

 しかし、とりあえず早い段階で見切るには1万円の投資で1枚役との同時当選で見切ってしまっても良いと思います。

※あくまでここで紹介した立ち回り方法は管理人が有効と思って実践している方法であり、この方法でももちろん高設定を捨ててしまうこともありますし、負けることもあると思います。実際に実践するかは自己責任でお願いします。




2008.01.08 Tue l デビルメイクライ3 l COM(0) TB(1) l top ▲
5号機になりお気に入りの機種はあまり無いのですが、そんな中で2027とパチスロ戦国無双はかなりお気に入りの機種になっています。
ただ、最近パチスロ戦国無双は、波が荒すぎるためあまり打っていませんでした。
今回久しぶりに打ってみましたが、戦国無双での一撃の枚数としては過去最大をたたき出しました。その枚数2700枚オーバー。一撃5万円オーバーでした。
前に無限戦国ラッシュで1500Gオーバーで一撃3万円オーバーはあったのですが、今回は、1回の無限戦国ラッシュでの2700枚オーバーではなく、間にボーナスを挟んでの2700枚オーバーです。

その内容は以下の通り。

始め高確ビッグで当たり無双ゲージを3個取得し、これが慶次でSIN回避1回で自力無限ラッシュ突入。
その後、120G程度でBGが当たったのですが、これも高確中で信長に勝利。
この無限戦国ラッシュが80G程度でまたBGに当選。これまた高確中で信長に勝利。
この無限戦国ラッシュが480G程度回り、低確ビッグに当選。
この低確ビッグが無双ゲージMAX(5個)取得し、慶次でSIN回避1回でまたまた自力無限ラッシュに突入。
これが50G程度でまた、BGに当選。今度は低確にもかかわらず信長に勝利。
この無限戦国ラッシュが760G程度回り、低確ビッグに当選。
この低確ビッグが無双ゲージ1個となり、慶次でSIN回避が一度もできず戦国ラッシュ終了。
トータル1500G程度回し、ビッグ3回BG3回をはさみ、ずっと無限戦国ラッシュで2700枚オーバーとなりました。

その後300G程度回しましたが、当りませんでした。高確の移行率、またBG確率、信長への勝利確率から設定は良さそうだったのですが、時間も遅くなったためこの時点で終了しました。

今まで戦国無双は数え切れないほど打ち、一日でならもっと出たことも多々あり、逆にかなりの額負けたりもしていますが、無限戦国ラッシュ5連チャンは初めてでした。このような5連チャンする確率的は1%もないとは思いますが(自分の実践からも1%以下の確率だと思います)。しかし、5号機でも十分爆裂することが分かった良い時間でした。

ただ、戦国無双は負ける時はかなり負けるのでハイリスクハイリターンが好きな人にのみお勧めする機種です。




2008.01.06 Sun l 戦国無双 l COM(0) TB(1) l top ▲
500Gでビッグ2回レグ1回のデビル・メイ・クライ3を昼から打ちました。
始めは2000円でビッグに当選し、その後当たらなかったのですが、そのビッグ350枚で500G以上回っていたため、高設定の可能性もかなりあったためその後も打ち続けました。
結局、回転数は1000円で60G以上回っていたにもかかわらず、3000G消化でビッグ5回、レグ6回とレグ確率は設定6以上で、ビッグは設定1以下という結果になってしまい、最終的には1000円勝ち。
回転数があまりにも良かったため、ボーナスにあまり当たらなかったにもかかわらず勝つことができたのは良かったのですが、これだけボーナスに当たらないと打っていて面白いとはさすがに感じず、1枚役でもほとんど当たらなかったため、8時過ぎにはやめてしまいました。
デビル・メイ・クライ3、200G以内にボーナスが当たり続けるとかなり面白いんですけどね。
デビル・メイ・クライ3の解析情報は、実践!パチスロ攻略 - 解析 デビルメイクライ3を参照してください。


2008.01.06 Sun l デビルメイクライ3 l COM(0) TB(0) l top ▲
機動戦士ガンダムⅡは初心者にお勧めの機種です。
ボーナス確率が設定1でも1/200以下、最高設定の設定6なら1/130とボーナスに当たりやすく、また特にガンダムとのタイアップ機のため、ガンダム世代の人には懐かしさと、演出を見ていての楽しさが加わるため、初心者には楽しめる機種だと思います。
また、ボーナス確率の高さから、管理人自身もちょっとパチスロを楽しもうと思った時には打っています。ただ、ボーナスは確かに良く当たるのですが、スーパービッグでも純増300枚、ノーマルビッグだと純増180枚とボーナスによる出玉が少なすぎるため、ほとんど大勝はできません。
もちろん設定6をつかめれば機械割が111%を越えているためある程度勝つことは可能ですが、まあそんなに簡単に設定6は掴めない事からも、また、このシステム性からも短時間での出玉増加スピードが緩やかなため、短時間で大勝ちしたい場合には向いていない機種です。
そんな感じなので、ガンダムで勝とうと思ったら、メダルがある程度増えたら(1000枚前後)、その時点でやめたほうが良い感じがします。(ただし、高設定と思ったのならもちろん打ち続けたほうが良いと思いますが)




2008.01.05 Sat l 機動戦士ガンダムⅡ l COM(0) TB(1) l top ▲
俺の名はルパン三世は導入されてから数ヶ月がたちましたが、根強い人気のある機種の一つです。
システム的には、付加機能はスーパービッグ、レギュラーボーナス時に、それぞれ100G、50GのRTに突入するぐらいで、延命型ART等を搭載していないため、目押しができなくてもまあ何とかなる機種と言うこともあり、主に初心者に優しいゲーム性となっています。
そのためか、若者から年配まで幅広い層に支持されていて、(またルパンというのも人気の原因の一つとは思います)、稼動が良いことからホールとしても扱いやすく設定が良好な感じです。
最近のルパンの設定が良いことから、管理人も最近は良く打つ機種の1つとなっています。
実際、100G以内にボーナスが当たり続けるとあっという間に1000枚オーバーするため、出玉スピードもまあまあです。しかし、その反動からか800G以上はまることもたまにありますが。

全体的に初心者向きであるため、ちょっとパチスロを打ってみたい人には、楽しめる機種だと思います。


2008.01.03 Thu l 俺の名はルパン三世 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。