上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 自分的に緑ドンとは結構相性良いのかなかなか緑ドンでは良い成績を収めているわけですが、今回も緑ドンでは良い流れになりました。

 夕方になりなぜか高設定濃厚台が1台空いたので、(その人は1箱強を持ち帰ったため、夕方から用事があったのかもしれません)、さっそくその台に座って実戦を開始しました。

 始めこそボーナスに全く当たらず、気付けば投資18000円となり、天井に突入してそれが終わったら強はやめるか、今日は駄目だと思って打っていると、700G程度で突入したBIGから怒涛の展開となりました。

 そのBIGでARTに突入すると、そこからはほとんどのボーナスが100G以内に連チャンし、またARTも全く終わる気配がなく、気付けば一撃ART31連の、BIG15回、REG4回と、ARTもさることながら、BIGの平均が1/100程度という驚異的な速さで4000枚オーバーのメダルを獲得することが出来ました。

 夕方から打ち始めたためすでに時間も時間でこの後REG1回を消化して実戦を終了しました。

緑ドン爆発ART画像1

緑ドン爆発ART画像2
 
 久しぶりに爆発して充実した実戦となりました。






スポンサーサイト
2009.10.11 Sun l 緑ドン l COM(0) TB(0) l top ▲
今回も緑ドンを打ちました。

前回の初打ちで調子良く勝つことが出来たため、今回は低設定の挙動を見てみるという意味でもとりあえず空台に座って実戦を開始しました。

実戦結果の詳細は緑ドン(2) 実戦データを参照ください。

駄目駄目です。

初ビッグこそ113回転目というわずか4000円で当たりましたが、案の定ここからARTに突入することはなく、その後はずるずると投資が嵩みました。

ただ、今回少しだけ良かったのは通常時1回目のドンちゃんチャンスと、2回目のドンちゃんチャンス、つまり256Gと、512Gのドンちゃんチャンスで自力ART突入をすることが出来たため、はまりはしましたが投資は少しだけ抑えることが出来ました。

といってもそこまではまること自体が良くなかったのですが。

結局当たったのは700Gを越えてからで、しかもそれがREGというなんとも嫌になってしまう結果でした。

その後もボーナスに当たらず、ボーナスに当たらないのでチェリーからの同時当選確率や、スイカからの同時当選確率が最悪の確率になっていて、総回転数1000Gを越えた時点でこりゃ駄目だと思い、実戦を終了しました。

やっぱりARTも大事ですけど、そもそもARTの突入契機となるボーナスに当たらないと話にならないですね。






2009.08.15 Sat l 緑ドン l COM(0) TB(0) l top ▲
緑ドン連チャン

やっと緑ドンを打ちました。

遅くなりましたが初打ちです。

今まで打つ機会は何度かありましたが、朝から打つ機会がなく、良さそうな空台がなく今まで打ちませんでした。

そんな訳で今回は朝から緑ドンを打ちました。

詳細な実戦結果は緑ドン 実戦データを参照ください。

始め、自分の両隣の台がそうそうに当たりを引き、相変わらず自分だけ当たらないなと思っていると、投資7000円目で赤7に当たりました。

そしてこの赤7BIG中に2回ドンちゃん図柄が成立すると、そこから発動したARTが終わらない終わらないで、気が付くとボーナス6回をはさみART36連チャンという一撃3000枚オーバーのコインを獲得しました。

その後は一進一退を繰り返しましたが、一度自力でARTを引き戻すとドンちゃんがロケットに乗るロケットモード、つまりは次回ボーナスまでARTが確定する無限ARTにも突入しました。

結局その後はARTが連チャンすることもなく、出玉が少しずつ減っていき、夕方になり実戦を終了しました。

今回は初打ちでしたが、一撃3000枚オーバーがあり、無限ARTがありと、また、ボーナスも結構コンスタントに当たることが出来、かなり充実した実戦になりました。

ただ、実際に打って実感しましたが、緑ドンはARTが連チャンしないとつらいですね。

緑ドンロケットモード






2009.08.09 Sun l 緑ドン l COM(0) TB(0) l top ▲
 2009年5月25日ELECOから導入された緑ドンのスペックは以下の通りです。

 BIG合算確率
 設定1 1/431
 設定2 1/420
 設定3 1/399
 設定4 1/385
 設定5 1/372
 設定6 1/337

 REG
 設定1 1/873
 設定2 1/851
 設定3 1/809
 設定4 1/744
 設定5 1/697
 設定6 1/606

 ボーナス確率合算
 設定1 1/288
 設定2 1/281
 設定3 1/267
 設定4 1/254
 設定5 1/242
 設定6 1/217

 機械割
 設定1 96.7%
 設定2 99.81%
 設定3 102.47%
 設定4 105.96%
 設定5 110.98%
 設定6 118.74%


 事前の期待通り、設定6の機械割は破格で、118%オーバーとなっています。
 ただし、その分出玉があれることは多く、設定6でも展開に恵まれなければ大きく負けることもあるスペックになっているようです。

 緑ドンのゲーム性等については今後アップしていく予定です。




2009.06.13 Sat l 緑ドン l COM(0) TB(0) l top ▲
 2009年5月25日ELECOから導入予定の緑ドン、このスペックはどれくらいでしょうか。

 事前の情報では、最高設定6の機械割は5号機最高峰といわれています。ということは、119%オーバーはあるのでは、ということです。


 システム的にはARTを搭載する機種となるようで、このARTが1Gあたり+1.3枚程度コインが増えるため、大爆発が可能となっているようです。

 ARTには、すべてのボーナス終了後に突入するCZで6択に正解すると突入します。

 (ボーナス中にドンちゃんが揃えばART突入確定となります)

 そしてARTはボーナス成立か50G消化で終了し、一度ARTに突入すれば、ループ率に沿ってそのARTが継続します。

 ループ率は最大95%ループがあるようです。

 また、1000円あたりの回転数も36G程度あり、ハイスペック機種としてまあまあの回転数です。

 ドンちゃんシリーズということもあり、少なくとも導入直後は大人気稼動になることは必須で、導入される日が楽しみです。





2009.05.16 Sat l 緑ドン l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。