上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 パチンコカイジを打ちました。

 12時から20時まで打ちました。

 初当たり回数はなんと6回。

 結構な回数当たったため、ここでは結果を羅列していきます。

 1回目の初当たりは180回転目。出玉無し確変に移行し、その後ぎりぎりの53回転目で16R大当たりとなりました。

 これが1連チャンで終了。

 いつも通りやってしまったと思っていると、60回転目ジャストに、通常モードに移行した瞬間に、「黙示録ボーナス」の図柄が中央に揃っていました。

 これが2回目。黙示録ボーナスで当たりました。

 そしてこれが6連チャンとまずまず。

 3回目のボーナスが192回転目と軽めに当たるも、今度は2連チャンで終了。

 4回目のボーナスが240回転とこれも軽めで、今度が9連チャンとやっとまずまずの大当たり回数。

 その次の5回目のボーナスが580回転と結構はまるもまあ十分な回転数で当たり、ほっとしていましたが、今度も1連チャンで終了し、大分ドル箱が減ってしまいました。

 最後は320回転目で当たるも、2連チャンで終了し、最終的に初当たり6回もしたにもかかわらず、ボーナス回数は20回と、通常なら勝てるわけもない連チャン回数でしたが、初当たりが軽かったため、なんとか4万円程度勝つことが出来ました。

 久しぶりにいっぱい初当たりしました。





スポンサーサイト
2009.12.31 Thu l 回胴黙示録カイジ2 l COM(0) TB(0) l top ▲
 回胴黙示録カイジ2の初実戦となりました。

 夕方から空台があったため、打ったのですが、投資1000円で沼演出が発生しました。

 発生した沼演出では一度は敗れたものの復活演出で逆転大当たりとなりました。

 そして少し待っているとプレミアムービーが発生しました。

沼演出のプレミアムービー1

沼演出のプレミアムービー2

カイジ2の大当たり画像

 まあ、その後は空台だったため低設定だとは思っていたのですが、案の定RTにも突入せず、その後は出玉を全てのまれ、なお追加投資8000円を行っても当たらず実戦を終了しました。

 いきなりの600Gハマリですからねー。

 まあ演出自体は、沼演出をはじめ、鉄骨渡り、Eカード対決といろいろと発生したため面白かったですが。






2008.12.28 Sun l 回胴黙示録カイジ2 l COM(0) TB(0) l top ▲
 2008年12月8日に導入開始のロデオからの新台「回胴黙示録カイジ2」の機械割は設定6で115%あるようです。

 具体的には以下の通りです。

 設定 合算   機械割
 1   1/199  96.5%
 2   1/191  98.0%
 3   1/178  100.5%
 4   1/167  104.2%
 5   1/154  109.3%
 6   1/136  115.1%


 ゲームの流れは、通常時からボーナスを経由して、ボーナス後はざわざわチャンスに移行します。

 このざわざわチャンスは10G固定のチャンスゾーンで、ここで特殊リプレイが入賞するとざわざわタイムに突入します。

 また、ざわざわタイム10G中に特殊リプレイが入賞しなかった場合、ざわざわゾーンに移行します。このざわざわゾーン中に特殊リプレイが入賞してもざわざわタイムに突入します。

 ざわざわゾーンは転落リプレイが入賞すると、通常時に移行します。


 ざわざわタイムはRTになっており、25G、50G、100G、300Gのいずれかで継続し、ゲーム数消化かボーナス成立で終了します。スーパーざわざわタイムもあるようです。

 注意点はざわざわゾーンは外見上は通常時と同じため、ここでやめないようにすることです。


 BIG後は約55%、REG後は約20%で上記RTへ移行するため、出玉性能は優秀と思われます。

 導入が楽しみです。





2008.11.25 Tue l 回胴黙示録カイジ2 l COM(0) TB(0) l top ▲
 ついに5号機でも回胴黙示録カイジが登場するようです。

 タイトルはそのままで「回胴黙示録カイジ2」のようです。

 回胴黙示録カイジは、4号機時代、コアなユーザを含め多くのユーザに大人気になっていました。

 今回5号機となり、全く同じシステムを実現することは不可能になりましたが、設定6の機械割は115%との噂もあります。

 メーカーは前作と同じく、「ロデオ」で、導入開始日は2008年12月8日となっています。

 筐体は前作と大きくは変わらず、筐体上部のリールがメインリールとなっていて、実際のメダルの払い出しは、このメインリールで行いますが、演出含め液晶リールが筐体中央の液晶画面で行われます。

 今回もカイジならではのざわざわタイムを搭載していますが、5号機のざわざわタイムはチャンスゾーンになっているようです。詳細は不明ですが、スーパーざわざわタイムというのもあるようです。

 演出としては、前作同様「Eカード」「鉄骨渡り」「沼パチンコ」があり、その他最新の「17歩」もあるようです。

 この前アカギが出ましたが、今回は期間もあけずにカイジ。(まあ、メーカーは違いますが(アカギは藤商事))。いやー、福本さん大人気ですね。





2008.11.10 Mon l 回胴黙示録カイジ2 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。